教師紹介

安田 峻介
Shunsuke Yasuda

4歳からバレエを始める。
日本ジュニアバレエ、AMステューデンツ、橘バレエ学校を経て2001年、牧阿佐美バレエ団入団。
バレエ団入団後、数々の古典作品の他、「デューク・エリントン・バレエ」などローラン・プティ作品などにも出演する。
2005年チャイコフスキー記念東京バレエ団入団。
古典作品「ドンキホーテ」闘牛士、「くるみ割り人形」花のワルツソリスト、「子供の為の眠りの森の美女」4人の王子、シンデレラフォーチュン王子などの様々な役を経験、ベジャール,ノイマイヤー作品での国内・海外ツアーに参加しソリストとして2017年退団まで全ての公演に出演する。
2008年よりEspressivo Ballet主宰。